「小ジワ」と「シワ」は別モノ?その違いとは?

目元にできる小ジワ。その間に交差する大きなシワ。口の横に大きくそびえるほうれい線。そもそも小ジワ、シワって違いがあるの??

 

あるんですっっっ!!

 

お肌の中はどうなっているのでしょうか?見ていきましょう。

 

■お肌のしくみ■

肌は「表皮・真皮・皮下組織」の3層に分けられ、各箇所で細胞分裂が行われると皮膚表面は絶えず入れ替わりきれいな肌に生まれ変わります。皮膚内部では皮膚を保護する役割をする「バリア機能」に必要な細胞を再生させています。この「バリア機能」は脂質と水分のバランスが取れていると正常に働きますが、外的刺激や加齢によって「ターンオーバー」が正常に行われないと機能が低下してしまい、皮膚内部にダメージを与える原因となりトラブルへと繋がっていきます。

乾燥はお肌にトラブルを起こす原因になることが多いので保湿はとても大切と言えます。保湿以外にも喫煙やストレス、寝不足などの生活習慣により左右されることもあるので、自分の体と向き合い見直すことで避けられるトラブルもあります。

■小ジワ・シワの違い■

小ジワ

小ジワの原因は乾燥から始まっていることが多く皮膚表面の表皮でおこっています。表皮表面にある角質層の水分が失われ隙間ができ滑らかに整っていた肌はタイルの端がめくれあがるように荒れてしまいます。そのようにして皮膚表面には細かくひび割れのように小ジワができていきます。このタイプのシワに関しては表面の保湿で改善されていきます。

シワ

小ジワの症状を放っておくとお肌の中まで刺激が到達しさらにトラブルを引き起こします。表皮がガサガサ乾燥したお肌に外的刺激が加わり、真皮まで到達します。真皮層にはコラーゲンとそれを支えるエラスチンが、潤いを保つヒアルロン酸が存在します。紫外線などの外的刺激により破壊されると弾力が失われ深いシワが現れます。表皮の成分は失われると元に戻すのは困難であるため早めの対処が必要となります。表皮で小ジワができた時点で対処をするか、専門科に相談をして対処します。

中には表情ジワや加齢による筋肉の衰えからくるシワもあり、シワひとつをとってもいろんな種類があるといえます。これらも滑りをよくしてマッサージを行う、表情筋のストレッチを行うなど自分でも対処できることもあります。

 

シワの種類はたくさんありますが共通して言えるのは乾燥から引き起こされるというところです。日々の生活からお肌の潤いを意識して水分を保持し、シワとは無縁のお肌になりたいものです♪